会社案内

  1. 株式会社コスモネットホーム
  2. 会社案内
  3. 健康維持・増進への取り組み

健康維持・増進への取り組み

従業員の健康維持・増進に向けて

CNCグループ 株式会社コスモネット(以下、当社)は、創業以来「お客様の生活」の一部となる通信事業のサービス会社として、様々な情報提供・サービスを社員がお客様と対面で実践してまいりました。近年は、若い社員の多くを抱えながら従業員の健康管理を前向きに進め、明るいショップづくりに注力しております。2013年5月、CNCグループ健康保険組合を立ち上げ、さらに2018年には健康経営優良法人に認定され、当社ならではの健康推進を更に強力に進めております。今後とも従業員の健康維持、増進を重要な経営課題と捉え、積極的に取り組んでいきます。

CNCグループ健康経営宣言

CNCグループは社員・家族が心身ともに健康であることが企業の発展につながると考えます。
「健康」ということを真剣に考えていただくため、あらゆる情報及びツールを届けます。
それを受けて、社員・家族の皆々様の自発的な行動を期待すると共に、結果として健康経営が進むことを目指して参ります。

CNCグループ 株式会社コスモネット 代表取締役 三上 明

健康経営の目的と戦略

CNCグループは社員・家族が心身ともに健康であることが企業の発展につながると考え、戦略マップに基づき生活習慣病、メンタル不調の発生予防、女性従業員の健康課題などの解決に努めています。
今後も継続的に社員がいきいきと活躍し、新たなサービスを創造にチャレンジできる環境構築を目指してまいります。

健康増進のための体制

健康経営推進委員会を設置し、衛生委員会と連携して、従業員の健康増進とそれにつながる職場環境の向上に取り組んでいます。
健康経営推進委員会の委員長は人事総務部長とし、各部門から委員を選出することで、健康増進への取り組みが社内の隅々まで浸透する体制としています。また、健康に関する研修などを通じて従業員一人ひとりの健康に対する考えや思いを集め、健康増進の施策に反映させています。

健康結果数値

下記、4項目の検査項目を重点課題として、各種健康増進施策に取り組んでいます。
※人間ドック学会の判定区分を参考に、基準値内割合を算出しています。

2015年実績 2016年実績 2017年実績 2018年実績 2019年実績
血圧 91.1% 90.4% 90.3% 89.2% 89.3%
脂質 55.4% 56.3% 57.6% 53.2% 52.3%
血糖 96.7% 95.7% 84.8% 84.1% 83.3%
BMI 39.9% 38.6% 38.7% 39.4% 41.2%

健康増進の取り組み

CNCグループは自社の健康課題を以下のように定め、健康増進の取り組みとしてヘルスケアサービス『CARADA』を全社に導入し、従業員の健康維持・向上を推進しています。モバイルやITによる取り組みだけでなく、運動系のクラブ活動や食事栄養講習、ラジオ体操など、様々な健康維持・向上の施策に取り組んでまいります。

<CNCグループの健康課題と目標>

健康課題 2022年度目標 取り組み
1 生活習慣病の発生予防
従業員調査の結果、血圧・血糖・脂質の有所見につながるような、以下の生活習慣が多くみられました。
①1日8000歩以上歩いていない 72.1%
②主食のみで食事を済ませる 67.0%
③朝食を食べない 45.9%
これらの改善を図ることで、生活習慣病リスクの低下を目指します。
①1日8,000歩以上歩いていない 62.0%
②主食のみで食事を済ませる 57.0%
③朝食を食べない 40.0%
・歩数イベントなど健康増進イベントの実施
・補食の配布
・新入社員向け研修の実施
・健康コラムの配信
2 メンタル不調の発生予防
いつも疲れている・だるい87.8%、イライラする79.5%、気分が落ち込む75.6%といったストレス性の不調を抱える従業員が多く、仕事の生産性と相関関係がみられました。
ストレスチェック集団分析結果の「心身の健康」を指標にメンタル不調の発生予防に取り組むことで、従業員が安心して長く働ける職場環境づくりを目指します。
ストレスチェック集団分析結果の「心身の健康」スコアを0.4点改善 ・メンタルケア研修の実施
・健康コラムの配信
・50人未満の事業場も含めたストレスチェックの実施
3 若年層女性従業員のパフォーマンス向上
20代女性の生産性が低く、全社平均を下回る結果でした。また、他の年代と比較して、心や体の不調が多く、生理痛や月経障害の訴えもみられました。女性従業員がいきいきと活躍できるよう、若年層女性のパフォーマンス向上を目指します。
パフォーマンススコアを8.2点改善 ・女性向けヘルスケアセミナーの実施
・オリジナルストレッチの実施
・健康コラムの配信

第7回CNCグループ健康保険組合 健康アンケート結果はこちら

CARADA健康サポート

約93%の従業員がCARADAを利用しています。自身の携帯電話と連携することで、各種情報提供・健康促進を行っています。

メンタルヘルスケア

新入社員向け、管理職向け、女性向けの各メンタルセミナーやストレスチェックを年に一度実施し、メンタル不調等の予防・早期発見に力を入れています。新入社員は100%参加、その他セミナーも年々参加者が増加し充実度の高い研修となっています。

健康関連グッズの提供

朝食欠食の改善、目の疲れの解消など従業員の健康増進のために、健康関連グッズの無償配布を行いました。この施策に約227万円を投資し、その結果約1年間で朝食を摂らない社員が43.9%⇒38.2%と5.7%改善しました。
従業員からは「定期的に実施して欲しい」「朝食について意識するようになった」などの声があがりました。

健康イベントの開催

2017年度より、2~3ヵ月に1回のペースで全従業員を対象とした健康イベントを実施しています。最近ではウォーキングに食習慣や睡眠習慣の改善をかけあわせたオリジナルのイベントを実施。従業員の40~50%が参加する認知度の高い施策となっています。

健康経営施策による効果

【6ヶ月前との比較】

  • 社内コミュニケーションが増えたと考える従業員 54.1%(2.2%上昇)
  • 会社への満足度が高まったと考える従業員 45.4%(11.1%上昇)
  • 仕事への熱意や活力を表すワークエンゲージメント得点が高い従業員 52.3%(11%上昇)
    その中でも女性20代以下約17%改善
  • 全社のパフォーマンススコアは5.2点改善。特に現場の若手社員を中心に改善
  • 職場の一体感が増したと考える従業員 82.1%(12%上昇)

【その他】

  • 過去1年間に風邪など体の不調により欠勤(有給休暇を使用した場合も含む)した日数は、5日未満が88.3%、5日以上10日未満が7.6%、10日以上30日未満が2.9%となり、前回調査時と比較し横ばいでした。

今後も従業員が参加したくなるような、またCNCグループに関わる方々にも広げられるような健康増進施策を実施してまいります。

CNCグループ健康保険組合